「想像を超える創造」de'plas

COLUMN − コラム −

− 費用について − 空間づくりにおける内装費用と付加価値について

 

弊社は、オフィスやクリニック、飲食店舗等、様々な業態の設計と施工を行っています。その中で、良く店舗内装費用の相場は?といった質問があります。

弊社では、特別な装飾や設備等が無い場合で、坪40万円(税別)とお答えすることがあります。しかし、それはあくまでも目安であって、実際には何を行うための空間なのか、例えばクリニックなのか、ホテルなのか、飲食店舗なのかでもコストは異なってきます。また、用途が決まっていても業態は何なのか、飲食店舗の場合では、焼肉店なのか、和食店なのか、カフェなのかでもコストは異なってきます。

 

その他にも、お店の規模が10坪程度の場合、必要最低限かかるコストとして、高額である設備費用等の工事があれば、坪単価が割高となりますが、100坪あれば、スケールメリットにより坪単価は安くなります。また、開業する場所での既存の状態が、これから行う業態の空間へと工事を行うために、インフラ設備が整っているのか、流用できる設備がどのくらいあるのか、既存の状態から解体等の別途費用が発生することがないかでもコストは異なってきます。そして業態が決まっていても内装や家具のグレードによっては、坪何十万円と異なってきます。

要は、坪いくらというのは根拠の薄い目安でしかないということです。

 

予算ありきで、坪いくらでお願いするというのも一つの手段かもしれませんが、よほど信頼のおける業者で無い限りは、その予算の範囲内以下でしかできない空間となってしまう恐れがあり、それでは価格以上の価値ある空間の創造はできないと思います。また、最悪かけた費用に見合わない空間となってしまうかもしれません。

 

では、どのような方法をとれば、お客さまにとって最高の空間を創造できるのか、私なりの考えをお伝えします。

 

まず、一番重要なことは、内装費用の高い安いだけで、業者を決定しないことだと考えます。モノづくりを行う企業にとって、大切なのはモノをつくることによって価値あるコトづくりができているかどうかだと思います。

 

例えば坪40万円かけて、坪20万円の空間ができてしまうのか、または坪100万円の価値ある空間ができるのかは、依頼する企業の提案力、デザイン力、技術力、そして企業努力が大いに関わってきます。

ではどのようにして、実力のある企業を見極めるのか?

 

それは、自分が共感を持てる理念や方針を持つ企業をリサーチし、その企業の実績情報をしっかりと見て感じることが重要だと考えます。HPや企業パンフレットを見れば、その企業がどれくらい思いをもって仕事に取り組んでいるのか、また一つひとつの竣工事例に載せられている写真を良く見たり、記事を熟読したりすれば、おおよそその企業の価値観やブランド力等の実力が見えてきます。

そして、そこで本当にお願いしたいと思った企業のみに直接あって話しを聞くことです。それが1社であればその企業に会い、会った感触がよければそこにお願いし、違えばまた情報収集を行えば良いと思います。

 

私がお客様の立場になって考えてみれば、深く情報収集を行い検討すれば、多くても2~3社に絞れるのではないかと思いますし、その企業に思いをしっかりと伝え、プランをブラッシュアップしていくことに労力を費やしていった方が、より良い空間を構築できるのではと考えます。

 

最後になりますが、業者を決定する上で、最もナンセンスなことは合い見積もりです。

各業者により設計や施工を行う際に、それぞれコスト的に得意な部分やそうでない部分は当然あります。また、プランやデザインによって、コストや提案するコトの価値も全く異なります。

そういった部分をひっくるめて、その企業がお客様のために考えに考え、誇りをもって行う提案が、最大限に価値のあるコトづくりであると考えるからです。

 

その提案にさらに合い見積もりをかけて実行に移すことは、非常にナンセンスなことであり、仮に金額的に安価に施工できる業者があったとしても、それはあくまでも提案した企業のアイデアやブランド力があってこその付加価値であり、他社が同様のことを行えば、その価値は逆に失われ、価値の無い空間となってしまいます。また、お客様の目にとまらない範囲で、知らず知らずのうちに減額案となってしまっている可能性もあります。

 

他社の提案で別の業者がその価値や内容を深く知らないまま施工を行い、お客様の大切な空間の価値を無くすようなことがないよう、しっかりとした情報と知識を知っておくことは非常に大切なことであると考えます。