「想像を超える創造」de'plas

BLOG − ブログ −

2015.9.14 知らない事ばかり・・。

設計担当Nさんの現場へ行ってきました

当たり前ながら、現場を見に行くたびに、知らない事ばかりで

教えてもらった事を後で書き留めるのに必死です

 

DSC_0043

 

DSC_0042

 

とあるホテルのエントランスとフロントを請けています。

 

今は軽鉄工事中。

DSC_0049

 

DSC_0053

 

DSC_0056

 

DSC_0058

 

 

画像の水平線↑↑↑

メーター墨または水糸(単に水とも言うのだとか)といって

高さの基準線なのだそうです。床から1mのところに引かれて

いてこれを基準に床の高さを合わせていくとの事でした。

 

DSC_0059

 

残念ながら写し損ねてしまったのですが、この配管の他に

茶色の配管があります。ここは厨房で、食洗機の配管。

茶色の配管は耐熱用の配管で、食洗機は非常に熱をもつ

ものなので耐熱用のこの配管が必ず必要だそうです。

 

DSC_0063

 

DSC_0062

 

この軽鉄にPBを貼って壁を作っていくわけですが、

店舗の壁厚はだいたい92㎜との事で軽鉄一つ一つの

厚みにしても、軽鉄から軽鉄の間の幅にしてもPBの

寸法にあうように組まれています。

 

現場では、壁に図面や工程表も貼ってあります。

図面上の寸法と現場で実際にPBを貼って測った寸法と

いうのは、㎜単位で違っています。

 

設計担当Nさんも現場の寸法を測った後で、什器の発注でしょうか、

業者さんに現場の寸法を連絡していました。

それが、実際に出来上がった什器を現場で納めるときにきちんと

納まる事につながるんだなと改めて勉強になりました

 

素人の事務員Gからすれば、図面の寸法と実際の現場の寸法が

違うと聞いただけで『えぇ~、それ大丈夫なん!?どうしたらいいん~!?』

と慌ててしまいます、きっと現場に初めて入る新人さんもこんな感じなのかなぁ。

 

図面上と現場とはミリ単位で違う世界。それだけに経験とその時々の臨機応変さが

必要なんだなと思います。

いづれにしても、何か頭良くないと出来ないな・・・と思いました

 

これからは、1Fの軽鉄工事→塗装→床→造作→硝子→什器→厨房機器→家具→クリーニング

が大方の流れの様で、その都度の現場を追っていきたいと思います